優しいって

何か親切にやってあげることだけが優しさだと思っていたけど、むしろそれより何もしないでいてあげるのが本当の優しさなのかな、と思うようになった。すなわち、いかに相手を自分の言動や行動で不快な気持ちにさせないかが重要!ということだ。何かしてあげるプラスな優しさはもろそうだけど、このフラットな優しさは結構普遍的なものに思える。

今日、PARKSという井の頭公園100周年記念を機に作られた映画を見た。映画の始まりから終わりまでほぼすべて唐突にすいすいと話は進んでいくが、脚本、音楽、さらにはキャストまで自分好みだったので、気にせず楽しく見れた。むしろ、そのまとわりつかないそっけないストーリ展開がこの映画のいいところでもあるだろう、と僕は思う。サントラ欲しいなあ。愛ちゃん可愛い。