いきなり自分にウソをつく

youtu.be

前回のブログでああいうことを言ったものの、さっそく二回目から書くことも無いのにブログを書いてしまっている。おそらく僕は一つ一つの内容より継続性を大切にする方だ。なぜなら僕は小学校3年から中学校の終わりまでほぼ義務的に補欠ながら野球をつづけた。さらに高校ではアルバイトで怒られまくって非情なまでの激務をさせられたが決してやめなかった。(給料が良かったのもあるが)とりあえずなあなあでも辛くても続けるのだ。

だからこれからは書くことが無くても、書きたくなくてもほぼ無理やりにでも書くのだ。(それは嘘。)

スーパーカーは全然上手くないのにかっこいいっていうパンクロッカーみたいのことをしていた。こういう勢いは大事だ。僕も若いし勢いとノリでなんとかやってこう、色々と。